一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

60cmの混泳水槽でエサをあげていると

すぐ食べに来る素早い魚と、遠慮がちな魚がいる事が分かります。

 

まぁそれでも・・・と思っていましたが

 

どうやら60cm水槽のグリーンネオンが

ちゃんとエサを食べられない様子。

 

そこで30cm水槽を購入してグリーンネオンだけ

単独で飼育することにしました。

 

このグリーンネオンは今年のGWに

私が熱帯魚飼育を始めて最初にやって来たお魚です。

 

ソイルではなくボトムサンドを使って

水草よりお魚メインの水槽にしたのですが・・・

あっと言う間に色艶が無くなり、数匹が☆になってしまいました。

 

こんなことは初めてです。

で、よくみると体に白い点々があります。

 

   白点病・・・?

 

魚の病気は初めてです。

しかもGWから飼育始めて今までで☆になったのは

飛び出し事故で亡くなったランプのみ。

 

60cm水槽の方を確認しましたが

特に問題のありそうなお魚はいません。

 

水槽も、砂も、新品を洗って使ったし

水は60cm水槽の水をそのまま使ったし

 

フィルタも他の水槽で使っていた物を転用して

半分は新品、半分はUSED。

 

水草は60cm水槽から枝分けしたマツモだけで

流木も以前使っていたものを・・・

 

   たぶんこれだ・・・(汗)

 

以前使っていた流木を持ち出してきて

そのまま水槽に沈めたのですが

 

以前は沈んでいたものが沈まなくなっていて

まぁ隠れ場所ができればいいだろうと浮かべておいた。

 

翌日には少し沈み気味になっていて

放っておけばそのうち沈むだろうと思っていたのですが

 

恐らく、この流木・・・

 

以前使った時は煮沸したのですが

そのあとしばらく使ったものの不要になって取り出し

プラケースに入れていたものの大気中に放置していたワケで

 

それをそのまま水槽に入れたので

きっと見えないレベルで雑菌やら何やら(なんだろ?(汗))が

付着していたに違いない・・・。

 

後悔してももう遅い。

 

ちょっとした気付きが足りなかったばかりに

15匹いたグリーンネオンが、あっと言う間に4匹に。

 

そこで30cm水槽ごと、初めての薬浴となったのです。

(写真の流木はちゃんと処理した別の流木です)

 

人も魚も、薬は常備しておかないとダメですね。

 

4匹の様子を見ていますが、正直ダメそうです。。。

ネットに書いてある通り

 

暴れるように泳ぎ回ったあと

急に底の方で静かになったと思ったら

半日ほどで☆になってしまいます。

 

今も1匹はそんな状態で

別の1匹が暴れるように泳いでいます。

残る2匹はひそれに比べるとすこしマシだけど

何となく落ち着きがないように見えます。

 

これは正直、ショックです・・・。

 

一度使ったフィルタとか石とか流木とか

一旦片付けて、また使う機会が出てくるってことは

往々にしてあると思うのですが

 

小さな水槽という環境に入れるにあたっては

やはり細心の注意が必要ということを

身をもって知りました。。。

先日、エーハイムの外部式フィルターから異音がしていました。

みるとエア噛みを起こしています。

 

どこかが漏れているのか・・・

どこから空気が入ったのか・・・

 

と考えながらエアの抜き方があるかと

説明書を見ると

 

  フィルタの吸入口とエアレーションを離す

 

と書かれていました。

 

確かに吸入工の横でエアレーションすれば

当然空気を吸い込むなぁ・・・と。

 

この辺り、初心者の初心者たる所以ですw

 

何となくエアレーションは水槽の端で・・・

 

というイメージがあったのですが

ブクブクとはじけた泡で水槽の外に水が跳ねたりして

結構な濡れ方をすることも。

 

で、試しに真ん中に移動してみました。

ん?悪くないんじゃない??

 

水面が波立ってエアレーションの効果も増してそうだし

魚達も特に困ったそぶりは見せません。

 

見た目にも水槽に動きがあってちょっといい感じ(^^)

 

 

さらにはホースにプレコが乗ったりして

まんざらでもない様子。

 

何となく見たことのある景色とか

ネットや本に書かれているセオリーを知ったせいで

『こういうものだ』と思ってしまってることって

意外とたくさんある気がします。

 

遠回りでも、やっぱり自分で色々試してみる。

 

でないと

せっかく初心者なのに

初心者らしい失敗が経験できませんからね(^^;

 

ただ、生き物が死なないように。

 

死ぬとほんとにショックですからね(TT)

 

熱帯魚&水草を始めて約3ヵ月程度の私が

コケ対策について書くのも何なんですが

 

60cm水槽を立ち上げて1ヵ月ほどの間に行った

コケ対策の実績を書いてみます。

 

ざっくりですが

ソイルに龍王石の山岳レイアウトで

水草はリシアとパールグラス。

昼はCO2添加。夜はエアレーション。

照明は2灯使いで、ろ過はエーハイム2213

生体は未投入。

 

という感じの環境です。

 

立ち上げてわずか3日目にして

水草に茶ゴケが発生しました。

これを見て、ミナミヌマエビ30匹を投入。

 

翌日には・・・

茶ゴケはすっかり無くなりました。

 

ここでまず、初期の茶ゴケにミナミヌマエビは効果的だと実感。

何事も早めの対策や未然に防止するのが一番ですね。

 

ダイエットも太ってから痩せるより

太る前に予防する方が楽だと思います(^^;

 

そして当然のように現れるのが緑ゴケ。

 

せっかくサンポールでピカピカにした龍王石に

緑のコケがびっしりです。

 

ミナミヌマエビを入れていても

緑ゴケが増える勢いの方が強いのか

単にミナミヌマエビが緑ゴケを食べないのか・・・

 

とにかくこの『面』で生える緑ゴケの対策として

カバクチカノコガイを5匹投入しました。

 

その結果・・・

ごらんの通り。

石に生えていたコケは、ほぼ一掃されました。

 

彼らの得意はガラス面、岩、ヒーター、ろ過フィルターのパイプ

なんかの平面部分に生えるコケ掃除のようです。

流木の細い枝も先の方まで上手に進んで掃除してくれます。

 

移動速度もなかなかの速さですが

必ずしも私達が掃除して欲しいところを掃除してくれないのが難点(^^;

でも長い目でみたら全体がきれいになっていきます♪

 

あと、ひっく返ると自分では起きられず死んでしまいます。

滅多なことではひっくり返りませんが

うちの経験では岩から落ちるケースが時々ありました。

 

魚を入れる前にコケ対策を万全にしたかったので

まずは

 

オトシンネグロ5匹を投入。(下の写真の左右にいるやつです)

 

これが初めて飼ったオトシンですが

クルスよりネグロの方がよくコケを取ると聞いていたのに

思ったほどの働きがなく

 

それなら・・・と写真の真ん中にいる

 

ミニブッシープレコを5匹投入(ここで立ち上げ2週間目)

 

彼の働きはすさまじく

カバクチカノコガイが無視し続けるエリアを

きれいに掃除してくれます。

 

ちなみに立ち上げから2〜3日に1回のペースで

約16Lずつ水替えをしています。

満タンで約65Lの水槽にソイルと石と満タンではない分で

水量が50Lくらいと考えると、約3分の1になります。

 

まぁ8Lのバケツが2つあって

水場が1階、飼育が2階だから・・・というのが

本当の理由なんですが(^^;

 

しばらく様子を見て

コケが増えなくなったことを確認してから

 

いよいよ魚を投入です♪

 

初心者はいろんな魚を入れたがる。

初心者はたくさんの数を入れたがる。

 

という例に漏れず

立ち上げから3週目から4週目にかけて

 

ゴールデンハニードワーフグラミー 5匹

シルバーチップテトラ 15匹

ミッキーマウスプラティ 5匹

グラスキャット 5匹

グリーンネオンテトラ 14匹

 

が仲間入り。

 

オトシン5匹 と プレコ5匹 も含めて

 

7種類 54匹・・・

 

さすがは初心者。怖いもの知らず(^^;

 

でもこれでまたコケが増えたらイヤなので

水中の養分を使ってもらう目的で

マツモを投入しました。

 

これは見た目にはせっかくの山岳レイアウトを邪魔しているし

リシアに照明があたるのを邪魔してしまいますが

 

魚達には好評で隠れ家にもなるし

 

水中の養分をグングン吸収してくれるようで

魚を入れたあとも目立ったコケは生えて来ません。

 

もちろんエビ、貝、オトシン、プレコの頑張りもあります。

 

そしてマツモを投入して2週間後。

 

 

もはや魚達の居住スペースが失われつつあります。

それを今日、やっとトリミングしました♪

 

 

CO2が出る所周辺だけは緑ゴケが消えませんが

それ以外の場所は十分な状態を維持しています。

 

ミナミヌマエビはポツリポツリと星になりましたが

今のところ星になった魚はゼロだし

 

ゴールデンハニードワーフグラミーが泡巣を作ったりで

水質もそれなりになっているんだろうと感じています。

 

魚の数は変わっていないけど成長はしているし

コケが激減しているのでプレコにもエサをあげたりしている中

マツモを一気に減らした影響が出るかもしれませんが

 

マツモもまたグングン成長してくれるので

コケが出ても一時的な事だろうと思います。

 

マツモは浮き草で、出したり入れたりが簡単なうえ

安いし一度買えば二度と買う必要がないほど増えるし

かなり使い勝手のいい水草だと思います。

 

何か他にもコケ対策のいいアイデアや

お勧めの対策があれば教えて欲しいです(^^)

 

って、このブログ

ほとんど見てる人いないんですけどねw


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM