一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

6月21日に立ち上げた60cm水槽に

お魚さんを投入しました♪

 

この一週間ほどの間に少しずつ増やしていったのですが

 

とりあえずこれで完成♪

 

写真がこちら♪

以下は文字だけで恐縮ですが

いくつか説明をしますと

 

生え揃っていないリシアは

当初セットしたものがうまく育たず

セットしなおして照明を改善しました。

 

そして左のマツモは

コケがやや多目に発生したのを機に

水中の余った養分吸い取り要員として投入しました。

 

そして生体ですが

 

まずコケが発生した時にミナミヌマエビを

30匹投入しました。

 

ポツリポツリと☆になるも

今は半数以上安定して暮らしています。

 

私はどうもエビさんだけは☆にしてしまう傾向があります。

 

それで最初の茶コケは対策出来たのですが

しばらくして緑のコケが大量に発生してきたので

マツモを投入しつつ

 

  オトシンネグロ   5匹

  カバクチカノコガイ 7匹

 

を投入してかなり改善したものの

根強く緑コケが勢力を残していたので

 

  ミニブッシープレコ 5匹

を投入。

 

これでコケの問題はほぼクリアしました。

 

そこでお魚の投入です♪

 

この日まで考えに考え抜いて

 

  ゴールデンハニードワーフグラミー 5匹
  シルバーチップテトラ 15匹

 

を投入しました。

 

しかし入れてみるとちょっと寂しいくらい。

オトシンとブレコも入っているので

 

すでに合計30匹です。

 

60×30×36の水槽満タンで約65L

 

1cm=1Lというネットの情報を鵜呑みにすると

もう十分な飼育数になります。

 

・・・が

様子を見るに水の状態も生体も問題なさそうなので

ここは初心者らしく冒険します。

 

以前より飼いたかった

 

  ミッキーマウスプラティ 5匹

  (白3匹 赤2匹)

 

   グラスキャット 3匹

 

を追加して様子を見ますが、まだいけそう。

というかまだ水槽が寂しいんですよね。

 

そこで

 

   ブラックテトラ 10匹

 

に一目ぼれして購入するも

結構な攻撃性があると後で知り

 

45cm水槽のグリーンネオンテトラ14匹を

60cm水槽に移し

 

購入したブラックテトラ10匹を

45cm水槽で飼うことに。

 

いろいろ書きましたが

 

結論としては上の写真に

 

・オトシンネグロ 5匹

・ミニブッシープレコ 5匹

・ゴールデンハニードワーフグラミー 5匹

・シルバーチップテトラ 15匹

・ミッキーマウスプラティ 5匹

・グリーンネオンテトラ 14匹

・グラスキャット 3匹

・カバクチカノコガイ 9匹

・ミナミヌマエビ 多数

 

が混泳している状態です。

 

今のところ☆になったお魚はゼロ。

 

コケも皆無ではないものの許容範囲で

できればマツモを少しずつ減らして

リシアが育つのを期待したいのが現状です。

 

ちなみに。

 

この一週間で

ブログの閲覧数はたったの『2』ですw

 

待ってるだけじゃダメなのは分かっていますが

この調子だとお盆休み辺りに終了するかもしれません(^^;

6月21日に立ち上げた60cm水槽で

緑コケの育成に成功しました・・・

 

    全然嬉しくない(TT)

 

ネットで調べて色々書いてある中で

とりあえず

 

   水の栄養分が高いのだろう

 

という仮説を立てました。

 

理由は

・生体はミナミヌマエビとオトシンネグロ3匹のみ

・水草は敷き詰めたリシアと少しのパールグラスのみ

・上げ底はしてあるものの底砂はソイル

・『究極のコケ知らず』と『REBIRTH』を併用中

 

なので水質より富栄養を疑ったわけです。

 

そこで対策その1

(なかなか本気のコケ状態・・・)

 

コケがほとんど発生していない他の水槽から

ブルドーザー(カバクチカノコガイ)を計4匹投入。

 

コケを増やさないのは私が水替えを頑張るので

発生してしまったコケを掃除してほしいところ。

 

対策その2

稚エビの水槽から、卵を産み終えたミナミヌマエビを

60cm水槽に移動しました。

 

数えてみると20匹w 全部メスです(笑)

こちらは生えてしまったコケよりも

生えようとしているコケを食べてくれるイメージです。

 

ミナミヌマエビの数がそこそこ多いので

水質にどれくらい影響があるか分かりませんが

それでも魚が15匹入ってるとかよりは

全然影響は少ないと勝手に思ってます・・・。

 

そして対策その3

マツモ投入♪

 

富栄養状態なら栄養を使ってもらおうと

余った水草を入れてた水槽からマツモを取り出して投入。

 

とりあえず現状は見た目よりコケ対策優先ということで。

 

ただ、照明を遮るとリシアに影響が出そうなので

夜はともかく昼間はかなり隅の方へ寄せています。

 

一度に色々やると

どれが効果があったのか分からないので

今は富栄養対策一本です。

 

砂底の30cm水槽も、ソイルの45cm水槽も

コケはほとんで出ていないのに・・・

 

60cmも何とか頑張って

超透明な山岳レイアウトを楽しみたいです(><)

 

コケが落ち着いたらお魚入れたいので

苦労しつつも楽しみがいっぱいです(^^)

 

熱帯魚を飼育している人なら

誰もが飼っているとおもわれるエビちゃん。

 

うちは30cm水槽にヤマトが3匹いる他は

全てミナミヌマエビです。

 

あんまり大きいと可愛くないというのが最大の理由(^^;

 

かと言って一度も飼ったことがないというのもなぁ・・・

ということで30cm水槽だけヤマトが入ってます。

 

立ち上げて10日にちょっとの60cm水槽にも

ミナミちゃんがそれなりに入っているのですが

(見えにくいけど中央にいますw)

 

いつのまにか抱卵してます(^^)

 

生まれたばかりのエビはフィルターに吸い込まれたり

他の魚に食べられたりするので他に移したい所ですが

 

このエビはこのまま置いておく予定です

 

理由は

 

・今は60cm水槽にオトシンネグロしか居ない

・60cmあれば全部がフィルターに吸い込まれない(と思う)

 

そしてもう一つ。

 

これは15cm水槽のヒーター部分ですが

 

稚エビがいっぱいw

 

はい、15cm水槽は

抱卵したミナミちゃんの退避場所になっていて

写真以外にも抱卵したミナミちゃんと稚エビちゃんが

たくさん入ってるんです(^^)

 

15cmと30cmの水槽ではみんな元気なのに

45cmと60cmでは時々思い出したように☆になるミナミちゃん。

 

両者の大きな違いは

前者は珪砂やボトルサンドを使っているのに対し

後者はソイルを使っている事。

 

なんなんでしょうね…

 

☆になったミナミちゃんは本当にごめんなさいですが

 

それ以上に繁殖してくれたら嬉しい限りです。

 

その間に死なない水槽ができるように頑張ります(><;


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM